• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 30代後半でも遅くない!ジムのインストラクターに転職を考えている方に伝えたいこと

30代後半でも遅くない!ジムのインストラクターに転職を考えている方に伝えたいこと

30代後半でも遅くない!ジムのインストラクターに転職を考えている方に伝えたいこと
その他

スポンサーリンク

僕は、19歳の時に板前からジムのインストラクターとして転職をしていますが、そのときは全くの素人で右も左もわからない状態でした。

これだけは強調しておきたいことですが、トレーナー業界に約10年いますが、僕は専門・大学に一切通っていませんし、今まですべて独学です。1年真剣に独学で学べるならジム内でかなり活躍できると思います。

30代での転職はかなり不安があると思いますが、やりがいをみつけるならジムのインストラクターはかなりおすすめできます。

この記事では、30代でジムのインストラクターに転職しようか迷われている方に、これからの人生を後悔しないように、僕の経験も踏まえて仕事内容、給料、活躍の仕方などを解説していきたいと思います。

スポーツ業界への転職をしたい方は、まずスポナビキャリア のエージェントに相談することをおすすめします。

スポナビキャリア は対応がかなり早く、全て無料で相談できますので、まずは無料会員登録をしてみてください。

 


30代でジムのインストラクターに転職は可能か?

結論から言えば、30代でジムのインストラクターに転職をすることは可能ですし、転職してから十分活躍できる仕事です。

あくまでも個人的ない件ですが、年齢がプラスなるということもあり、以下のようなことが考えられます。

トレーニングの知識がなくても信頼されやすい

僕が20歳のとき、独学で勉強しまくり、ある程度知識や技術がついたときの話ですが、38歳の男性がジムのインストラクターとして入社してきました。

明らかに僕の方が知識・技術はあるのに、なぜか入社したての38歳の男性ばかり、会員さんに頼られ、ジムでは人気になっていきました。

30代に見える男性の方が、「安心できる」「丁寧に教えてくれそう」「信頼できそう」というイメージを与えやすい傾向があり、こういったことが起こりました。




会話がうまい

30代になれば、ある程度社会経験があり、話題も豊富。ジムのインストラクターって20代前半のイメージが強いですが、若いインストラクターに会員さんが求めることって「楽しい」「元気をもらえる」ということだと思います。

だけど、30代のインストラクターに求めることって、もっと深い本質的なところかなと思います。

例えば、老後の不安とか、仕事の悩み、それこそ同じような転職のこと。人生の岐路に立っている方が多いので、そこにアプローチできることは、本当に強みだと思います。

関連記事:口下手なら聞き上手になろう!会話が下手でもうまくコミュニケーションがとれる5つの方法

年齢が下の同僚に慕われる

先ほどの38歳の男性ですが、この方はトレーニングに関しては初心者で、年齢に関係なくいろんな方に「教えて!」と言って謙虚に学ばれていました。

その姿勢を見て、みんなに慕われていましたし、逆に同僚は人生相談的なことを、この38歳の男性にしていましたし、僕もしたことがあります。

こういう30代の新人さんの存在は、本当にジムに来てくれることはありがたかったし、仕事では後輩だけど、兄貴みたいですごい慕ってました。

30代で転職してきても、それ自体はあまり他人は気にしてませんが、やっぱり働く姿勢はよく見られます。そこで謙虚に学ぶ姿勢があれば、すぐに職場に慣れるはずです。

ジムのインストラクターは人材不足

30代でもジムのインストラクターに転職をすすめられる理由は、採用されやすいということがあります。

なぜなら20代はすぐに辞めるからです。職場が合わない、仕事がつらいということではなく、トレーナーを目指してる方は、スポーツの現場を目指し転職する可能性が高い

だけど、30代の方は転職してきた側なので、そういう方は社会経験もあり、コミュニケーションがとりやすいし、献身的に働いてくれるというイメージがあります。

今は本当に入れ替わりが激しく、30代でやりがいを求めている方を、ジム側も探していますので、タイミングとしては今が転職する時期としては良いと思います。

関連記事

 

一番の不安要素は給料が低いこと

転職するときに、リアルに一番気になることが給与面だと思います。給与は、手取りで20万あれば良い方かもしれません。

ジムのインストラクターだけに限らず、スポーツ関連の仕事は基本的に給与は低いことで有名です。ただ、給与も大事だけど、やりがいをとにかく感じたいという方にはおすすめできます。

見方を変えれば、やりがいはジムのインストラクターとして感じ、給与面では副業に力を入れることをおすすめします。

また、知識や技術がついてくると、パーソナルトレーナーとして活動するのもいいかもしれません。ちなみに僕は、23歳でパーソナルトレーナーとして独立し、24歳のときには、年収は600万前後はありました。




そして、27歳のときには、さまざまなトレーナーに関する仕事を自分1人で企画・運営していました。

  • パーソナルトレーニング
  • セミナー講師
  • 出張料理人
  • トレーナーのコンサル

これらが基本的にはうまくいっていたので、月収で100万は余裕で超えていました。この辺りについては、別の記事で、今後お伝えしていきたいと思いますが、やりがいを感じて仕事をしたい方は、インストラクターにぜひ挑戦していただきたいですね。

そして、収入を増やしたいなら、角度を変えてスポーツやトレーナーという職業を見ると、まだまだ稼げる空白は多分にあります。

関連記事:好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!

 

大学・専門に行かなくても十分やっていける

もしジムのインストラクターになりたいと思っている方で、「どこか学校に通った方が良いのか?」と考えている方がいたら、僕は行かない方がいいと思います。

なぜなら僕が行っていないからというのと、投資する金額に見合った学びがあるかと言われると疑問があるからです。

逆に独学でもやっていけるのか、という疑問に関しては僕は確実にやっていけると思います。ただ、決して甘くはありません。僕も相当時間を割いて勉強して練習してきています。

関連記事:資格の必要性とは?僕がたった1つしか資格を持たない理由

 

周りの学生や専門知識を持っている人は意外と学んでいない

これまで10年間ぐらいトレーナーの仕事をしてきていますが、ほぼ毎日わからないことだらけです。

1年目も分からないことだらけでしたが、10年目の今もわからないことがたくさんあります。おそらく転職をして、いざ職場に出れば周りは知識や経験があり、どこか負い目を感じるかもしれません。

真剣にまず1年間徹底的に学んでください。これは独学で十分なので、とにかく自分がその時その時わからないと思ったことをメモし、それを毎日消していきます。

そうすると驚くぐらい1年ぐらいで成長しますし、成長したときにはまた次の課題が出てきて悩むと思います。

この繰り返しで、2~3年それを続けられていると、本当に化けますし、もしかすると職場で1~2を争うぐらいの知識を持つことができていると思います。

“今知識がない”ということに不安はあると思いますが、大丈夫です。クライアントさんにも「今はわからないので、調べておきます。」といって、また別の日に伝えると信頼してもらえます。

常に謙虚に学び続けると、半年ぐらいでは周りの目も気にならないぐらい、きちんと指導ができるようになるので、安心してください。

関連記事:【厳選】健康・筋トレ・ダイエットなど目的別におすすめしたい本95選

 

年齢に関係なく、人間性は見られている

最後に、どんな仕事をするにしても同じだと思いますが、今何ができるのかということよりも、これからどんなことができるようになる人材なのか?というところに企業は期待しています。

インストラクターとしても、その部分を周りに見せ続けることが大事ですし、入社したときに、あなたが職場に入ることでインストラクターとしてだけではなく、社会人としての影響力はどのぐらいあるのか。

そこに期待がかかると思います。結局は人柄が大事になりますし、清潔感がなければおそらくインストラクターとしてやっていくことは厳しいです。

この人間性さえ見せることができれば、ジムのインストラクターとして働くことは難しいことではないと思います。

もし自分の強みや良さがいまいちわからないという方は、こちらの記事で自分の強みの見つけ方をお伝えしているので、参考にしてみてください。

関連記事:自分の強み・長所をみつける3つの方法!強みを知って就職や転職に活かそう!

 

最後に

僕が一緒に働いた別の32歳の男性インストラクターは、最初はみなさんから慕われていましたが、時間が経つにつれて知識を学ぼうとしない姿勢が目立ち始めました。

そうすると、少しずつ浮いた存在になってしまっていました。つまり、結局は学び続けようとするかどうか、その生き様というか、どういう姿勢で仕事に取り組んでいるのか。

そこが転職した後は見られるような気がします。やりがいを求めてジムのインストラクターに転職することは、大いに賛成ですし、その気持ちを持ったまま働くことができると、おそらくうまくいくと思います。

年齢は関係ありません。あなたの努力次第で十分やっていける仕事だと思います。ぜひ一生後悔する前に、挑戦してみていただきたいなと思います。

スポーツ業界への転職をしたい方は、スポナビキャリア のエージェントに相談してみてください。

スポナビキャリア は対応がかなり早く、全て無料で相談できますので、まずは無料会員登録をしておくことをおすすめします。

スポーツ関連の仕事の始め方TOPに戻る

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

\よく読まれている記事はこちら/




自分の強み・長所をみつける3つの方法!



好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!



【20代向け】スポーツ業界へのバイト・就職・転職をサポート!トレーナーなどの始め方



理学療法士を辞めたいと思っている方に伝えたい5つのこと



関連記事一覧