• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 仕事でやりがいを感じる瞬間10選!スポーツは仕事の時間を圧倒的に楽しくしてくれる

仕事でやりがいを感じる瞬間10選!スポーツは仕事の時間を圧倒的に楽しくしてくれる

仕事でやりがいを感じる瞬間10選!スポーツは仕事の時間を圧倒的に楽しくしてくれる
その他

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーをする前は、自分が指導した人の身体が変わることが何よりのやりがいだと思っていました。

ただ、今は仕事で感じるやりがいはそれだけではなく、本当に些細なことから大きなことまでいろんなことでやりがいを感じれるようになりました。

今回は、そんな僕がトレーナーというスポーツとの関わりのある仕事に就いて感じるやりがいについてお伝えしていきたいと思います。

もし今、スポーツ業界への転職を考えている方は、スポナビキャリア でスポーツに関わる仕事を探してみてください。

スポナビは、会員登録はもちろん、転職エージェントへの相談も無料でできるので、スポーツ業界への転職を目指す方は、ぜひ相談してみてください。

▼スポナビの無料会員登録はこちら

 


仕事でやりがいを感じた瞬間10選

クライアントさんの身体が変わること

クライアントさんの身体が変わること

パーソナルトレーナーという仕事をしている以上、来られるクライアントさんの目的は身体に対する悩みを解決、改善すること。

目的が明確な方が来られるため、こちらもその目的に合わせて目標を立て、メニューを組み、実施していきます。

自分の腕がすべてなわけですから、そこで指導をしてクライアントさんの身体が変わって喜んでいただけると、それはもう一番のやりがいを感じる瞬間ですよね。

人が変わるきっかけを提供できる

人が変わるきっかけを提供できる

人を変えることはできないと思っていますが、変わるきっかけを提供することはできると思っています。

ダイエットにしてもどうすればいいのかわからない、そう悩んでいる方は、僕が代わりにダイエットすればクライアントさんの身体が変わるわけではない。

だけど、何かしらのアドバイスを送り、それをクライアントさんが実践して身体が変わる。そうやって人が変わるきっかけを自分発信でできることはすごくやりがいを感じます。




ドラフト会議でドキドキできる

ドラフト会議でドキドキできる

昨年まで社会人の野球選手の専属トレーナーをしており、その選手はプロ野球を目指していました。

広島のスカウトから良い評価をしていただけ、個人的に電話をもらったり、声をかけてもらっていたそうです。

ドラフト会議当日、もしかすると育成枠でとられる可能性があり、僕もドラフト会議をドキドキしながら見ていましたが、結果は残念でした。

ただ、全く自分の生活と関係のないことから、自分が少しでも関わることができ、リアルにそこを目指せたことは本当に素晴らしい時間でした。

選手は引退し、今は子供や奥さんと幸せに暮らしているそうですが、こういう時間をくれた選手に心から感謝しています。

不登校だった子が学校へ行く

不登校だった子が学校へ行く

40代の女性のクライアントさんがいらっしゃって、その息子さんが不登校でした。そんなとき、23歳で独立した僕のことを知り、ぜひ息子に会わせたいと一度お会いしました。

僕も日頃トレーニングをしているため、その子からすると筋肉があるように見え、トレーナーという職業をかっこよく思ってくれたそうです。

僕と話をして、また頑張ろうという気持ちが出てきたそうで、その後は不登校にならず、しかも自分の目標をみつけて介護のことを猛勉強しています。

トレーナーという職業だからではありませんが、そうやって1人の子が前向きに自分の目標をみつけて頑張る姿を見れることは本当にうれしかったですね。

絶対に出会えないような方と出会える

絶対に出会えないような方と出会える

正直独立をして、トレーナーの仕事をしていても、社会的地位のある方とセッションをするわけがないと思っていた部分もありました。

ただ、今独立をして約7年ですが、本当にありがたいことに、日本や世界で活躍される方とセッションをさせていただけました。

世界的な画家の方や、プロ野球選手の奥様、日本でも有数の投資家さんなど、絶対普通に生活をしていては出会えない方と出会い、しかも僕がトレーニングをお願いされる立場でした。

そういった方々とご一緒できる時間で、僕自身もすごく成長できましたし、その方々の世界観に触れることで、感性が磨かれたように思います。

結婚ができた

結婚ができた

関東にお住まいの方で、約1年間で大幅なダイエットをしました。その開始の理由が、彼氏に振られてしまったから。

奮起され、ダイエットを頑張られ、結果的にダイエット中にそんな頑張る彼女の姿を見て、彼氏さんと寄りを戻したそうです。

なんと、ダイエット期間を終えられると同時に、ご結婚され、今でも幸せに暮らしているそうです。クライアントさんが頑張ってダイエットに成功し、人生が変わった。

そういう瞬間に出会える職業でもあるんだなと改めて思いました。




頑張ったら頑張った分だけ評価される

頑張ったら頑張った分だけ評価される

スポーツの世界ってすごくシンプルで、結果を出せば評価されます。そうじゃない部分ももちろんありますが、独立をして仕事をしているので、全てにおける評価は自分へのもの。

それがすごくわかりやすい世界で、僕は好きです。頑張ろうと思えるし、うまくいったとしてもより高めていきたい。

変なしがらみもないですし、頑張ったら頑張った分だけ評価される仕事は本当に気持ちがいいですね。

学べば学ぶほど健康になれる

学べば学ぶほど健康になれる

パーソナルトレーナーの仕事って基本は健康になるため、ということがベースになります。

そのため、僕自身が学べば学ぶほど、その知識を自分にもフィードバックし、実践するので、どんどん健康になっていきます。

健康になればまたやる気も出てくるし、身体も元気になるのでさらに学べる。そういう好循環の中で仕事ができているのは幸せなことだと思います。

関連記事:自分の体調管理にも活かせる!おすすめしたい健康に関する本10選

感謝される

感謝される

パーソナルトレーナーって何も身体を変えることだけが仕事ではなくて、いろんな相談を受けるため、頭の中を整理してあげることも必要だと思っています。

「いずるがあのときああ言ってくれたから、自分も頑張れた。」なんて言われると、本当に嬉しいですよね。

先日も、転職に迷っていた方と話をして、思い切って転職をされて結果今、すごく充実した毎日が過ごせていると感謝の言葉をいただきました。

こういう言葉をもらえると、パーソナルトレーナーしててよかったなって思いますね。

関連記事:好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!

大好きなスポーツに関わる仕事ができる

大好きなスポーツに関わる仕事ができる

ドラフトもそうですが、そもそもスポーツに携われる仕事ができている時点で、もうやりがいはありますね。

それがたまたまトレーナーという立場で、直接選手の身体の状態に直結しますが、こういうスポーツの現場で働けるのはやっぱりいいですね。

関連記事:“本当にやりたいこと”をみつけるたった1つの方法

ただ、僕はこれまで独学でここまで来ているので、それなりの勉強もしたし、いろんなことをしてきたつもりです。

ここからは仕事のやりがいを感じるために、必要だと思うことをお伝えしていきたいと思います。

 

仕事でやりがいを感じるために必要だと思うこと6選

仕事でやりがいを感じるために必要だと思うこと6選

素直であること

これはスポーツの世界で仕事をしたいなら、必要なことだと思います。

現場で仕事をしていても、素直な人ほどいろんな依頼があったり、信頼され、仕事を任せていただけると思うので、まず何ができるのかということ以前に、人として素直でいることは大切なことだと思います。

常に学ぶ姿勢を持っている

誰でもできるようなことって簡単にできるし、そこまでの苦労もないと思います。

だけど、仕事でやりがいを感じるときって、ひとつは何か自分が越えられそうもない壁を越えた瞬間であり、僕で言えば改善できなかったことをうまく改善できた。

こういう瞬間は本当にやりがいを感じますが、そのためには常に学んでおかないと、次のステップを踏めませんし、ただの自己満になってしまう。

より上を目指す姿勢があり、常に学ぶ姿勢があることは、その後により仕事のやりがいを感じられるのではないでしょうか。

関連記事:努力を続ける人の7つの特徴と努力を継続するためのコツについて

前向きである

スポーツの現場で働いていれば、当然うまくいかないこと、失敗することだってあります。

そこでずっとそのことを気にして落ち込んでいても、先に進めません。何が問題であったのか、何をすれば今後は同じ失敗を繰り返さないで済むのか。

気持ちを切り替えてそういったことを考えられるか。前向きな気持ちを持っておくことも大事なことだと思います。

関連記事:仕事のミスが多い人の7つの特徴。習慣を変えれば仕事はできるようになる

貪欲であること

仕事は自分から掴みにいかないとなかなか手に入らないことがあります。

僕もつながりが全くなかったので、自分から先輩トレーナーに連絡して、いろんな方とのつながりをつくっていきました。

転職したとしても、やりたい仕事を誰かがとってしまうと自分がやりたいことができなくなるかもしれません。そういう意味では、貪欲であることも大事な要素であると思います。

関連記事:資格の必要性とは?僕がたった1つしか資格を持たない理由

聞き上手である

僕は話をするのが元々苦手で、逆に人の話を聞く方が楽でした。良く言えば聞き上手だったと思います。

トレーナーの仕事をしていると、必ずクライアントさんの目的を聞きだすことが必要で、それがわからないままだと当然結果も良くないし、クライアントさんも喜んでもらえません。

まず相手の話を徹底的に聞けることが大事だと思います。そうすると、相手の望むことをキャッチでき、後はそこで適切な指導ができると喜んでもらえるので、やりがいを感じるためにも聞き上手というのは大事になると思います。

関連記事:口下手なら聞き上手になろう!会話が下手でもうまくコミュニケーションがとれる5つの方法

不平不満を言わない

言葉ってすごく感情に影響すると思っていて、仕事をしているとどうしても不平不満が多くなる。それを言っても仕方ないのに。

当然すべてが自分の思い通りになることはありませんが、問題点があれば文句を言う前に、どうすればうまくいくのか、満足いくようになるのか。

そういったことを考え、実践できることも大事だと思います。

不平不満を言い出すと、ちょっとした幸せややりがいも見えなくなるので、不平不満を口にしないことも大事だと思います。

関連記事:今の仕事が向いていないと感じる方に伝えたいこと

 

スポーツに関わる仕事をして思うこと

スポーツに関わる仕事をして思うこと

僕はもう10年ぐらいスポーツに関わる仕事をして、一度プロ野球チームの楽天の裏方として働かせていただいたこともあります。

これは、中に高校の先輩がいらっしゃって、人手が足りないから手伝ってほしいという理由でお願いをされ、実現しました。

こういう経験もそうですし、選手のコンディショニングを高めていく、または動作をスムーズにし、ケガの予防をする。現場ではこのような仕事をします。

僕は小学生から高校までずっと野球をしてきて、スポーツが常に生活の中にあったため、逆にスポーツがない生活に違和感を感じていました。

もしこれから本気でスポーツに関わる仕事をしようか、考えている方の参考になればと思います。

給料よりも大事なことがあることに気づく

これは真っ先に感じましたね。当然生活もあるし、僕も家族がいるので、給料が高い方が良いにこしたことはありません。

ただ、給料が低いからやめるかというと、辞めません。なぜならこの仕事そのものが好きだからです。

僕の場合独立をしているので、また別の話になりますが、会社で働く方は、給料以外の部分で魅力を感じることが多いと思います。

関連記事:好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!

純粋な気持ちになれる

スポーツの真剣勝負って、絶対に作り出すことのできない空気感があり、時間だと思います。

真剣勝負だからこそ、生まれる素晴らしい時間は、何にも代えがたいもの。純粋にスポーツをうまくなりたいと思っている選手がいる。

そんな姿を見ると、自分が余計なことを考えていることが恥ずかしくなるし、そういう純粋に人の役に立ちたいという気持ちがなければ、必要とされないと思います。

関連記事:先が見えないし不安。ダメ人間が変われた10年前のこと

自分も頑張ろうと思える

選手を間近でサポートしていると、どれだけ今まで努力してきたか、痛いほどわかります。

プライベートを犠牲にし、大好きだからこそやっているスポーツではありますが、そんな姿を見ていると自分も頑張ろうと心から思えます。

だからこそ、選手にも「この人もこれだけ頑張ってるんだから自分も頑張ろう」とお互いの存在が刺激し合える間柄だと、良い関係を築けるのだと思います。

ただただスポーツが大好きだし面白い!

結局何よりもスポーツが好きなんですよね。そして、スポーツをしている人が大好きなんだと思います。

だから応援したくなるし、サポートするにしても、少しでも力になりたいと思います。ただただスポーツが好きですね!そして、スポーツは面白い。

スポーツに関わる仕事ができる幸せは、こういう気持ちがあるからだと思います。

 

まとめ

仕事のやりがいを感じる必要はない、と思う方もいるでしょうが、僕は仕事のやりがいは感じたいですし、それが直接幸せな気持ちに直結します。

だからこそ、自分が今やるべきことを見定めて、少しでも選手の役に立てたり、少しでもスポーツの現場で誰かの力になれるように備えていきたいと思っています。

今回は、僕が感じた仕事のやりがいや、スポーツ現場で働いてきて、感じたことをお伝えしてきました。

スポーツに関係する仕事は一見すると少ないように思いますが、まだまだ人材を求めている企業も多いので、ぜひ迷っている方は、チャレンジしてみてください。

▼スポナビの無料会員登録はこちら

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

\よく読まれている記事はこちら/




自分の強み・長所をみつける3つの方法!



好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!



【20代向け】スポーツ業界へのバイト・就職・転職をサポート!トレーナーなどの始め方



理学療法士を辞めたいと思っている方に伝えたい5つのこと



関連記事一覧